当サイトはケアプロストについて解説しています。

クリニックにしようかな

ケアプロストってどんな薬なんだろう。

 

 

 

日本のクリニックではこの薬処方しているという話しではありませんか。しかしドラッグストアで見かけることはありませんよね。

 

 

 

しかし海外へ行けば、別になんの違和感なくドラッグストアの店頭に並んでいるという話しではありませんか。

 

 

 

こういう状態のことを私達は一体どのようにして受け止めればいのでしょうかね。この国際ギャップに非常に違和感示している私なのです。

 

 

 

別に海外でそうやって販売されている薬だったら、ムヒみたいに、私達だって頻繁に使用していい訳じゃありませんか。

 

 

 

それとも何?、海外の人の体質と日本人との体質が違うとでもおっしゃるのでしょうか。それも間違っているとは言えませんよね。

 

 

 

何故、こんなことになっているのか正確な事実が知りたい。そんなことを家にいる三毛猫のケイちゃんに聞いても何も答えてくれませんし・・・。困ったものだ。

 

 

 

インターネットがあればそんな海外の商品も個人輸入というヤツで購入することが出来るという話しではありませんか。

 

 

 

私が言っているのはそんなことではなくて、そういう海外の輸入っていうものがちょっと密輸っぽくて恐い。

 

 

 

でも、そこにまつげ育毛のために素晴らしい薬がありますよと言われてこのまま黙って見過ごすことも出来ないのだ。

 

 

 

インターネットのお陰で欲求というものが、そそり出されている感じがします。でもこれって結局お金の問題でもある訳じゃありませんか。

 

 

 

ちょっとクリニックへ行くよりも安いということで、個人輸入の魔力に惹かれようとしているのだ。結局個人輸入個人輸入なんて、積極的になっている女性ってただお金に浅ましい女性なのかも。クリニックにしようかな・・・。

クリニックでケアプロスト

私達最近非常にまつげに悩むようになってしまった。これって青春の証かもしれないですよね。

 

 

 

ひょっとしたら人から見れば別に大したことないんじゃないかななんて気すらしているのに私自身は非常に悩んでいるのです。

 

 

 

こういうことが出来るのも青春なのです。もっと、大人になったら皮下脂肪やら、頭の毛が細くなったやら、皺やくすみやら、まつげ育毛どこではなくなってしまうのだ。

 

 

 

ましてや、子供なんて生まれたら、お金の問題としてもまつげ育毛どこではなくなってしまうし・・・。だけど今私は切実にまつげ育毛で悩んでいる。

 

 

 

まつげ育毛についてまずは向かっていかないことには私の人生先へ進んで行かないような感じがしている。

 

 

 

そこでクリニックか、ケアプロストを個人輸入かという話しになる訳ですが・・・。

 

 

 

やっぱり、女子大生の身分で、クリニックは負担が大きい。

 

 

 

クリニックでもケアプロストというまつげ育毛剤が処方されるという話しではあるが、医師の世界も、保険適用外のレベルになってしまうとかなり無茶があるのではないでしょうか。

 

 

 

かなり庶民には高額の薬みたい。そして医師とかかわるとこういう審美的なものに関わるのは、百年はやい・・・なんて言われてしまっている感じすらします。

 

 

 

審美とは私達にとって果たしてそういうものなのでしょうか。もっと手軽にという感じでのぞむことの出来るものではないのでょうか・・・。

 

 

 

その手段が個人輸入だとしたら、国は全然女性の美については放置状態なのでしょうね。国への仕返しのつもりで個人輸入に挑戦してやるか。

ドラッグストア

個人輸入って日本人にとっても親切。

 

 

 

ホームページが購入する限り、そこに不安などなく、もし不安があるとすれば、インターネットで買い物をするという不安に過ぎないのだ。

 

 

 

インターネットってこんな感じで遙か海の向こうの出来事だって、間近な感じになってしまうものなのですね。

 

 

 

$計算の多少見慣れない世界であるものの、そういうのは一度海外旅行でもすればそういう世界があることは知っているはず。

 

 

 

私はインターネットで、確実に海外の買い物をしているのだ。

 

 

 

思えばやっぱり、日本のドラッグストアで売られている薬って、日本人に親切ですよね。別にストアにいる人たちが親切という訳でもなくて、説明書書きが私達を過保護扱いにしているのと思うほど判りやすく丁寧なのだ。日本ってこういう国なんだろうな・・・。

 

 

 

ちょっとやそっとで海外の薬ここで置きましょうなんて言えないしっかりとした管理下にあるのだ。

 

 

 

でも言い方変えれば昔の薬屋さんで、ポテチ売っていたでしょうか。今のドラッグストアポテチ売ってますよね。

 

 

 

あれっておかしくないですか。 ポテチって薬??? 結局、日本がどう薬を守ろうとしてもドラッグストアの存在許してしったらもうどうにもならない世界があるのです。

 

 

 

 

 

昔私達の日本には薬屋はあってもドラッグストアってなかった訳じゃありませんか。

 

 

 

そして、私の経験では、アメリカの童話など読んでいて、ドラッグストアで、何かガムなど買うという話しがあって不思議な感じがしていました。

 

 

 

一体ドラッグストアってどういう場所なのかなって。そして、ドラッグという言葉に非常に違和感持っていた私なのです。

ケアプロスト届く

 

 

ドラッグストアの存在を日本が許してしまったのなら、もう海外のシキタリに従い、もう少し規制緩くしてケアプロストも店頭に並べるべきなのではないかと切実に考えている訳です。

 

 

 

別にだったらいいですよ。個人輸入するだけですから。

 

 

 

でも、・・・結局、日本のドラッグストアで購入する親切な薬になれている私は、海外の不親切にあまり慣れていない。

 

 

 

親切なのかもしれません。しかし、英語で何が書いてあるのか判らない・・・。

 

 

 

下手な話し、間違って違う薬塗布していても、しばらく気付かなかったなんてこともあるのではないでしょうか。

 

 

 

インターネットの買い物ってクリック一つではありませんか。行間違えて購入する可能性だってない訳ではありませんよね。

 

 

 

そして、何かパッケージ似ているのもあるし・・・。薬の名前確認するのも英語表示だし。

 

 

 

でも、私の美の確保のために、ケアプロストを個人輸入で購入することにはいたしました。

 

 

 

インターネットで口コミなど読んでいると段々と、ケアプロストを個人輸入で買おうという決心がつきはじめてくるのです。

 

 

 

ああいうのも実際に私は信じている訳ではありません。あんなもの嘘かもしれない・・・。商品買わせるためのサクラみたいなものかもしれません。

 

 

 

でも、勇気が出たから信じてケアプロストを購入することにしました。ケアプロスト届く。実際にはこんなはやく届く訳ではありませんけどね。

 

 

 

ケアプロストが届きました。ここから、私とケアプロストの長いつきあいがはじまるのです。

ケアプロストの今と未来

 

 

ケアプロスト届く。ここから私はケアプロストの長いつきあいがはじまる。そう、結局、ケアプロストのつきあいは長いのだ。

 

 

 

だったら、クリニックで高い薬処方してもらっても長続き出来るはずないではないか。薬とはお手軽価格でなくてはならないということなのだ。

 

 

 

確かに、私のまつげには、3週間ほどしたら、以前なかった毛が確認出来ましたよ。

 

 

 

これが今まで日本国家が、医師にまかせて値段だけつり上げていた薬の効果だったのですね。

 

 

 

まるで魔法を見ているような感じではありませんか。毛が薬で育つなんて嘘のよう。

 

 

 

しかし、この毛を私はこれから大切に大切に育てていかなければならないのだ。家庭菜園のように。

 

 

 

モヤシだったらもっと楽だろうにな・・・。この嘘のような感覚ってまだ人には伝わらないだろうな。人にはこの私の感動もうまくきっと伝わらないだろうな・・・。

 

 

 

それは極々個人的感動に過ぎない。それが3週間。

 

 

 

3ヶ月たったら、三毛猫のケイちゃんに感動を分け与えることは出来るだろうか。ケイちゃんはミャーと言ってくれるだろうか。

 

 

 

そして、半年たてば、私は何も言わない。私は敢えて黙っているのだ。

 

 

 

こんな私を見つけて、私の友人のタチバナトモミは、ねえねえケイちゃん、最近まつげ生えて来たんじゃない・・・?

 

 

 

なんて言ってくれるのだろうか。それまで私はケアプロストと共にまつげ育毛に戦っているとは絶対に言わない。

 

 

 

向こうから何か言ってくるのをひたすら待つ。ちなみに、私は三毛猫のケイちゃんと同じ名前なんですね。