老化防止と関節痛とオーベンザイム

オーベンザイムか

ボート池の前でお弁当食べる私。380円の唐揚げ弁当と、日本酒。これがたまらん。春の穏やかな日を浴びて、日本酒。しかし、私をありありと映す春の光なのだ。
 ボート漕ぐ恋人たち。知っているのかしら。井の頭公園でボート漕ぐと別れると言うのに。きっと一度みんなそんなこと笑って話ししているんだろうな。楽しそうに。しかし、私には判りますよ。アッチへ辿り着くまで、一切漕ぐことに関心示さない女。あれとは決して長続きするはずありません。普通の恋人たちは必ずどこかで私も漕いでみたいななどと言ってバトンタッチするものなのです。絶対交代しない女性は怪しい。それは男性も同じ。だって私がそうだったもの。
 あれは十八年前。私はひたすら彼氏乗せてボート漕いでました。いつか当然彼氏が替わってくれるものだと思っていたけど、私一人の力でとうとう池を三周もしてしまった・・・。
 ねえねえ、あなたたちは大丈夫?本当に井の頭公園でボート漕ぐと別れるんだよ。そして、後なかなか彼氏が出来ない。あああ、生きてるってなんなのでしょうか。人は何故生まれて来たのでしょうか。十八年前に戻りたい。十八年前に戻って、井の頭公園からやり直したい。でも、時間を遡ることは人間には不可能なのです。知ってましたか?
 大事件。人は昔に戻ることが出来ないのです。でも、若くあり続けることは可能ですよね。ひょっとしたら十八年前の若さを維持することだったら今の科学でどうにか出来ることかもしれないですよね。オーベンザイムか・・・。そんなもの効くのかな・・・。今更。私健康アイテムだったら毎日もずく食べてるし。